カテゴリ:オジロビタキ( 7 )


2017年 01月 11日

ロウバイにニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ(西尾白鶲)

昨年末一度撮りに出かけた都内でも、ロウバイとオジロビタキが撮れるみたいですが
ここは自宅からほど近い場所
まだここのロウバイは蕾の状態
それでもこんな場所に来てくれればうれしいものです
枝かぶりが多く、撮ってもゴミの山、なかなか良いところには出てくれませんね
c0304040_22152110.jpg
c0304040_22153654.jpg
おしりのほうから撮っちゃいましたが
じっと見つめないでください
c0304040_22154933.jpg
c0304040_22160324.jpg
上尾筒が灰黒褐色なのでニシオジロビタキのようです
オジロビタキの上尾筒は黒色なんだそうです
c0304040_22161480.jpg
喉がうっすらと橙色に見えます、若♂なのでしょう
オスの喉がはっきり橙色になりオス、メスの区別が付くには2年かかるそうです
c0304040_22163154.jpg
c0304040_22164437.jpg



by fucanon | 2017-01-11 22:46 | オジロビタキ
2016年 12月 21日

ニシオジロビタキⅡ

オジロビタキ(尾白鶲)
ニシオジロビタキの続編です
c0304040_23203129.jpg
c0304040_23205348.jpg
c0304040_23211501.jpg
c0304040_23213342.jpg
c0304040_23231071.jpg
c0304040_23233059.jpg
c0304040_23234523.jpg






by fucanon | 2016-12-21 23:29 | オジロビタキ
2016年 12月 17日

ニシオジロビタキ

オジロビタキ(尾白鶲)
日本には亜種オジロビタキと亜種ニシオジロビタキが飛来する
日本ではどちらもオジロビタキとして分類されているが、近年ではこの2亜種は別種としている国が多い(山渓ハンディ図鑑日本の野鳥による)

渋滞の道のりを考えると行くべきか、行かざるべきか悩みましたが、皆さんのきれいで可愛い画を見せられてしまい
行かざるをえなくなってしまい、重い腰を持ち上げて本日行ってまいりました
本日は晴天に恵まれましたが、日の光が強すぎてオジロビタキが日向に出たり、木陰に入ったりと忙しく、露出には苦労しました
そんな条件でしたが数だけは撮ってきましたので、何回かに分けアップしたいと思います
                          
                        ニシが付こうが付くまいがオジロビタキはいつ見ても可愛いですね
c0304040_23054739.jpg
                                    
                        この個体は、喉から胸まで広い範囲でオレンジ色になっています
                        これはニシオジロビタキの特徴で、オジロビタキは喉の部分だけの
                        せまい範囲しかオレンジ色はないようです
c0304040_23062595.jpg

c0304040_23064322.jpg





by fucanon | 2016-12-17 23:12 | オジロビタキ
2016年 02月 23日

オジロビタキいい湯だな編

オジロビタキ(尾白鶲)
オジロビタキが切り株の穴の水たまりで水浴びをしているシーンです
前回続き(2月5日撮影)
c0304040_22205841.jpg
c0304040_22211134.jpg
c0304040_2221299.jpg
c0304040_22214572.jpg
c0304040_2222299.jpg

5DMarkⅢ+EF600mmF4L

by fucanon | 2016-02-23 22:24 | オジロビタキ
2016年 02月 09日

紅梅にオジロビタキ

オジロビタキ(尾白鶲)
オジロビタキに会いに行ってきました
オジロビタキと出会うのは今回が2回目
今回は紅梅に止まる姿を見ることができました
・・・が、しかし、紅梅の旬は過ぎ、花が傷んできていました・・・残念
でもオジロビタキに会えたので良かったです
(オジロビタキも撮りためたので、続編を後ほどアップ予定)
c0304040_2374851.jpg

c0304040_2381594.jpg
c0304040_2382777.jpg
c0304040_2384215.jpg
c0304040_2385567.jpg

5DMarkⅢ+EF600mmF4

by fucanon | 2016-02-09 23:13 | オジロビタキ
2013年 11月 24日

オジロビタキ 続編

昨日に引き続きオジロビタキです
この場所はルリビタキのテリトリー 最後にはルリビタキに追われどこかに行ってしまいました
次の週 探してみましたが見あたりませんでした
最初で最後の出会いだったのかも知れません そんなに会える鳥さんじゃないんですよね
でも こんな広い場所ですからどこかに入ってるのかも知れません
人目に触れず過ごす鳥さんもきっといるはずなのでしょう
そんな鳥さんに会えるか会えないかは運次第 幸運をものにするにも宝くじと同じ
足を運ばないといけないということでしょう
c0304040_1921839.jpg
c0304040_19212494.jpg
c0304040_19214455.jpg
c0304040_1922391.jpg
c0304040_19222066.jpg
c0304040_19223794.jpg
c0304040_19225434.jpg


by fucanon | 2013-11-24 19:27 | オジロビタキ
2013年 11月 23日

初見初撮り オジロビタキ

初見初撮りオジロビタキです
日本で確認されている野鳥は500種以上といわれています
わたしは数えたことありませんが、まだ100種類も撮っていないので初見初撮り多くなりますが
なかなか増えて行きませんね

このオジロビタキ、ムギマキの時と同じようにルリビタキ狙いの時に偶然に撮ったものです
偶然にも初めて撮る鳥というのはうれしいものです

この鳥は、旅鳥または冬鳥ということですが、この鳥もムギマキ同様大陸を移動する鳥で
まれに日本に入ってくる鳥なんだそうです
在庫から

喉の所がオレンジ色をしているのでオスです
このオレンジ色がなかったらオジロビタキということはその場で分からなかったでしょう
c0304040_20441097.jpg
c0304040_20443753.jpg

c0304040_20565473.jpg

c0304040_20453660.jpg
c0304040_20455248.jpg
c0304040_20463848.jpg
c0304040_20471125.jpg

ボケてますが、オジロビタキの名前の由来
尾羽の外側3枚が基部から2/3白いのが分かりますか
c0304040_20473068.jpg


by fucanon | 2013-11-23 20:58 | オジロビタキ